婦人科の症状

月経異常について

女性は初潮から閉経までホルモン状態で月経周期を作っています。
脳にある下垂体から卵胞刺激ホルモン(FSH),黄体化ホルモン(LH)が分泌され卵巣に作用してFSHが卵胞を成熟させエストラディオール(E2)が分泌され、LHサージが起きて排卵がおこり、黄体からE2、プロゲステロン(P)が分泌されます。そしてE2、Pが出なくなると月経が始まります。これを妊娠しなければ繰り返すわけですが、何か異常が起こると無月経、月経不順になります。

無月経には第1度無月経、第2度無月経があります。第1度は多のう胞性卵巣等で起こりE2は分泌されているが排卵が起こらずPが分泌されていない状態です。この状況が長く続くと子宮体癌の前段階の子宮内膜増殖症、若年性子宮体癌になりやすいと言われています。第2度はE2もPも分泌されていない状況です。これはダイエット等で急に体重を減らした(体重減少性無月経)時などで起こります。これは更年期と同じ状態で放置していると骨そしょう症になり疲労骨折を起こしやすくなります。第1度も2度も無排卵なので妊娠できません。月経が無いから楽だと言われる女性も時々おられますが、将来のことを考えるときちんと治療すべきです。それも無月経になってから治療開始が早ければ早いほど回復しやすいといわれています。治療は挙児希望が無ければホルモン療法、希望があれば排卵誘発療法をおこないます。

性行為感染症(STD)

性感染症(STD:Sexually transmitted diseases)とは、性交渉でうつる病気の総称で、エイズのように死にいたる病気や、繰り返し発病する病気、将来、不妊症になる可能性のある病気、子宮癌になる可能性のある病気、自分の子供にうつる病気などがあり、最近、若い世代に激増しています。

  • 主なSTDの種類
    • カンジタ感染症
    • トリコモナス感染症
    • 淋菌感染症
    • 梅毒
    • 性器ヘルペス感染症
    • HPV感染症
    • クラミジア感染症

カンジダ膣炎は豆腐のかすのようなおりもの、外陰部のかゆみが主症状です。トリコモナス膣炎は黄色のおりもの、かゆみが主症状です。STDは若い世代で爆発的に増加しており特に、クラミジアは卵管の癒着、閉塞をおこし将来の不妊症の原因にもなり、またヒトパピローマウィルスは子宮頚癌の原因でもあり、これ以上広めない為にもコンドームは必ず使用しましょう。